異物混入ラボ | 対策・防止方法を本気で考える情報サイト

インスタグラム

眉毛が気になる毛髪は、食品工場などにおける異物混入の代表的な原因の一つ。皆さまもその混入防止対策に、日々取り組んでおられるかと思います。
しかし人の身体から出る毛は、髪の毛だけではありません。眉毛やまつ毛、腕毛などさまざまな体毛があり、どれも異物混入の原因となります。また、これらは毛髪よりも短く目立たないので目視で発見しにくいという点もやっかいです。
今回は、「眉毛」に注目して、その混入対策について考えていきたいと思います。

眉毛はどの程度抜けるものなのか

眉毛を見る人眉毛の混入対策を考えるということで、まずは「そもそも、眉毛ってどのくらい抜けるものなんだろう?」という点から見ていきましょう。

髪の毛や眉毛が、生え始めてから自然と抜け落ちるまでのサイクルを「ヘアサイクル(毛周期)」といいます。
毛周期は大きく「成長期(毛母細胞が活発に活動し、毛髪が成長する時期)」「退行期(毛母細胞の活動が衰える時期)」「休止期(毛母細胞の活動が止まる時期)」という3つのフェーズがあり、すべての体毛はこの周期を繰り返しています。

※髪の毛の毛周期については以前にこの「お役立ちコラム」でも詳しくご説明していますので、詳しくは以下のページをご覧ください。
健康な人の毛髪は、1日何本抜けているの?

この毛周期は毛の生える部位によって違い、例えば頭髪だとおよそ4~6年周期で生え変わるといわれています。
では眉毛はどうかというと、一般には成長期が4~8週、休止期がおよそ3ヶ月。およそ4~5ヶ月周期で全ての眉毛が生え変わるということです。眉毛の本数は両側合わせて平均1200~1400本といわれていますから、それぞれ間を取って「4.5ヶ月で1300本が生え変わる」と仮定すると、「1日あたり9.6本が抜ける」という計算になります。
髪の毛の抜け毛の本数(1日あたり約55本)と比べると少ないですが、それでも眉毛が1日10本程度抜けているというのは、意外に多いと感じる方も多いのではないでしょうか。

眉毛が抜けやすくなる原因

先ほどご紹介した「毛周期」は、期間の個人差はあれ誰にでもあるもので、眉毛が抜けるのは普通の自然現象です。
また体毛の成長には、加齢や生まれつきの体質、ホルモンバランスなど様々な要因が影響します。中には自分ではどうしようもない(対策のとりづらい)ものもありますが、意識的に遠ざけることのできる要因もあります。
ここでは、眉毛が抜け落ちやすくなる原因の中から、比較的対策をとりやすいものを3つご紹介します。

眉毛の抜き過ぎ

眉毛の抜き過ぎ成長期の眉毛を無理に抜くと、毛根の組織が傷ついて新しい毛が育ちにくくなってしまうことがあります。また、同じ場所を抜き続けていると組織が炎症を起こして毛が生えなくなることもあるようです。
以前に「細眉」がトレンドだった時代がありますが、そんな頃に自分で眉を細くするために必死に抜いたりしたご経験のある方は、もしかしたら眉毛が生えにくくなってしまっているかもしれません。

メイクの洗い残し

メイクの洗い残しペンシルやパウダーなどのメイクや日焼け止めクリームなどが原因で、毛穴の詰まりや毛根組織の炎症が起こり、眉毛が生えにくくなることがあります。
だからといって「じゃあメイク落としをしっかりしなきゃ!」とむやみにゴシゴシ洗ったりふいたりするのも、皮膚や毛穴がダメージを受け、眉毛が抜ける原因になるので良くありません。正しい方法でていねいにケアするようにしてください。

生活習慣の乱れや不摂生

生活習慣の乱れや不摂生これは眉毛だけに限ったことではありませんが、毛をつくる細胞が満足に活動するためには、栄養が十分に行き届いている必要があります。毛根に栄養を運ぶのは血液ですから、血行が良くないと眉毛の成長を妨げ、また抜けやすくなるのです。
血行不良が起こる原因としては、生活習慣や食生活の乱れ、運動不足、喫煙などがあります。こうした原因が蓄積しないよう普段からより健康的な生活を心がけましょう。

眉毛を「落とさない」ためにできること

異物混入対策の基本は、異物を「持ち込まない」こと。とはいえ、眉毛が抜けるのは自然現象である以上、抜け毛を完全にゼロにすることはできません。
そこで次に考えるべき対策は、異物を「落とさない」ための方法になります。

眉毛は毛髪と違って、目のすぐ上にあります。髪の毛の落下を防ぐだけなら、頭に帽子をかぶる・フードで覆うといったシンプルな対策がとれますが、眉毛だとそう簡単にはいきません。
眉毛の落下を物理的に防ぐための対策として、一般に使われている製品には次のようなものがあります。
※画像出典:モノタロウ(特記のあるものを除く)

シールド付きフードキャップ

シールド付きフードキャップ頭部全体をフードで覆い、目がのぞく部分に透明のシールドを付けたタイプのフードキャップです。
視界を確保しながら顔の露出を完全にシャットアウトすることで、毛髪や眉毛が作業スペースに落ちるのを防ぎます。
眉毛の落下・混入リスクを抑えるという点では非常に優れていますが、着用者の作業性や通気性にはやや難があります。
※画像出典:株式会社サンロード
※こちらのフードキャップは、他社製品を使用されていたお客様からのご要望で、暑さ対策のカスタマイズを行ったものです。ご関心のある方はお問い合わせください。

シールド付きマスク

シールド付きマスク広幅のマスクの上端部に透明のシールドを取り付けたタイプのマスクです。
こちらも視界を確保しながら眉毛が落下するのを防ぎます。フードキャップよりも着用時の圧迫感が少ないのが特徴です。
その構造上、シールドの上部や脇から眉毛などが落下するリスクは残ります。また頭部はカバーできないので毛髪落下対策として別の衛生帽子などを着用する必要があります。
※画像の商品:シールド装着対応マスク(東洋リントフリー)

眉毛ガード付きインナーキャップ

眉毛ガード付きインナーキャップキャップのヘリに眉毛の落下を抑えるガードが付いたインナーキャップです。
シールド付きのフードキャップやマスクよりも安価で手軽に導入できるのがメリット。眉毛が隠れるまで深くかぶるので着用感には慣れが必要ですが、ガード部分をメッシュ生地にするなど、かぶり心地に配慮されたキャップもあります。
※画像の商品:コモドラインナー CD-F780 眉ガード(サンロード)
 画像出典:株式会社サンロード

その他

頭部に着用するもの以外にも、眉毛落下を防ぐアイテムがあります。
眉毛の落下・混入リスクを少しでも下げたい場合は、上にあげたキャップ類とあわせてこうした製品の導入も検討されると良いでしょう。

眉毛取りシート

眉毛取りシート適度な粘着性のあるシートを眉毛に押し当てて、抜け落ちそうな眉毛を取り除きます。眉毛のサイズに小さく切り分けられており、使い捨てなので衛生面も問題ありません。
ポピュラーな異物混入対策として、制服に付いた毛髪やゴミを入室前に取り除く「粘着ローラー(コロコロ)」がありますが、あれを眉毛に当てるようなものですね。
※画像の商品:まゆ毛取リシート(アズワン)

吸引による除去

吸引による除去眉毛・まつ毛の除去に特化した吸引式の機器もあります。
「かお取るミング」(三共空調株式会社)は、吸引部を目元に当てて抜けかけている眉毛やまつ毛を吸引・除去する装置です。眉毛取りシートよりも簡単に使えてゴミも出ません。また目を当てる部分は抗菌仕様のキャップを装着できるようになっています。
※画像出典:三共空調株式会社

眉毛落下防止機能がついた新しい「電石帽」が登場!

これまで当サイトでは毛髪の混入対策についてたびたびご紹介してきましたが、毛髪だけでなく眉毛の落下・混入防止対策にも、様々な方法があることがお分かりいただけたかと思います。
最後に、私たちサンロードが開発した、眉毛落下対策に効果的な新しい衛生帽子「電石帽 眉ガード」についてご紹介させていただきたいと思います!
眉毛を見る人「電石帽 眉ガード」は、30年以上にわたり販売されている当社のロングセラー「電石帽」シリーズの一つで、形状としては先ほどご紹介した「眉毛ガード付きインナーキャップ」に該当します。

本商品が他社製品と大きく違うのは、眉毛をガードする部分に、毛髪吸着性に優れた「トレミクロン®」という素材を使っている点です。
トレミクロン®は、大手化学メーカーの東レ株式会社が開発した「電石不織布」。電気分極を持った超極細繊維の不織布が、帯電効果によって毛髪やフケ、ホコリをしっかり吸着します。特に眉毛は一本一本が毛髪よりも軽量であるため、その吸着力はより効果的に働きます。

「電石帽 眉ガード」には形状の異なる2タイプがあり、用途にあわせてお選び頂けます。

SR-3 オーベルトUB 眉ガード

SR-3 オーベルトUB 眉ガード

顔周りをオーベルトで覆うタイプです。オーベルトが毛髪のはみ出しを抑え、眉毛とあわせてしっかり落下防止します。またオーベルトは綿素材で肌にやさしく、吸汗性に優れ、快適なかぶり心地です。

SR-3 Y型紐 眉ガード

SR-3 Y型紐 眉ガード

Y型のあご紐が付いたタイプです。
あご紐によって帽子の装着が安定し、毛髪のはみ出しを防止します。

科学の力で眉毛を強力にキャッチし、異物混入のリスクを大幅に減少する「電石帽 眉ガード」のご利用をぜひご検討ください。

まとめ

今回は、異物混入の原因の一つである「眉毛」について、どのくらい抜けやすいのか、また落下防止のためにどんな対策があるのかを見ていきました。
髪の毛ほどではないですが、眉毛も毎日、意外とたくさん抜け落ちているんですね。これまで「異物混入ラボ」では髪の毛についての内容がほとんどでしたが、異物混入トラブルをなくすためには、眉毛への対策にも注目していきたいと思います。

毛髪混入トラブルゼロへ!
作業者の毛髪落下を防ぐ
機能性抜群の衛生帽子

当社サンロードでは、作業者の頭から毛髪が落ちることによる異物混入トラブルを未然に防ぐ、さまざまな製品をご提供しています。

電石帽(でんしゃくぼう)

電石帽(でんしゃくぼう)

東レ(株)開発の電石不織布・トレミクロンを使用した、毛髪落下防止用インナーキャップです。電気分極を持った超極細繊維の不織布が、電気の力で毛髪やホコリ、細菌などをしっかり吸着・捕集。着用感も抜群です。

詳しくはこちら
サニキャップ

サニキャップ

毛髪の落下・異物混入を防ぐ高機能衛生キャップです。独自の素材と機能で肌にぴったりフィットして隙間を作りません。通気性と伸縮性に富んだ素材で装着感にもこだわりました。さらに多彩なオーダーメイドに対応。

詳しくはこちら

その他のコラムもご覧ください